ブログ

blog

2020年9月30日(水)

仕事、家庭で役立つ心理学

他人ではなく「過去の自分」と比較する
「評価の仕方」に関する心理学の実験の話です。

中学生を対象に、やり方を変えて2つの方法で評価をしました。

1つは絶対評価。その人が過去の自分と比べて、どれだけ成績が伸びたかだけを見せるようにしました。

もう1つは相対評価。周りの中で自分が何番目というのを常に見せるようにしました。

そうしたところ、相対評価をした生徒は勉強をしなくなりました。そして絶対評価の学生は、みんなずっとモチベーション高く頑張るようになりました。

何かを学ぶ時は、他人と比べるんじゃなくて、自分の成長度合いで評価した方がモチベーションが続くということです。

「過去の自分」よりもどれだけ伸びたか、これからどう頑張って自分を伸ばしていくか、という発想をすると、モチベーションが落ちずに済む、ということです。

ブログ一覧

お仕事クイック検索(フリーワード)

希望するお仕事がなかなか見つからない場合はお気軽にお問合せください。お仕事紹介のプロがあなたにあったお仕事をお探しします。

今すぐ相談する

LINEで相談する